スマホで簡単即日融資!

キャッシングの即日融資はスマホを使うことで、全部自宅で行うことが可能です。自動契約機を利用しに外に出る必要もないですし、郵便局に書類を出しに行く必要もありません。

 

スマホで全部自宅に居ながら融資を、その日のうちに受けられます。

 

最短で借入れできるキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

ネットと電話を使って、自宅に居ながら借入可能

基本的にはどこのカードローンであっても、公式ホームページの申し込みさえ使えば簡単に融資してもらえます。特に、大手消費者金融や、大手銀行カードローンは電話さえ不要な場合も多いです。

 

ネットの申込みも、電話の申し込みも、基本的には自宅で行う点では双方同様のメリットがありますが、比較するとやはりネットでの申込みの方がメリットはあると言えるでしょう。電話申し込みのデメリットとして、電話はいつでも繋がるとは限りませんし、何より口頭での受け答えには時間がかかってしまいます。それは利用者にとっても、オペレーターにとってもいいところだとは言えないでしょう。

 

電話連絡はネット申込みの場合にも、本人確認の際に行う場合が多いです。ですが、それ以外の場合には完全に電話を使わないところも増えていますし、中にはモビットのWEB完結のように、本人確認でさえも全てネットで行うケースも増えています。全ての消費者金融や銀行カードローンでも、ネットで行えるようになるのも、そう遠くはないでしょう。

 

スマホで即日審査を行う方法

大手消費者金融には、スマホ専用のアプリを出しているところもあり、全ての手順をスマホのみで行えるようになっています。当然ですが、手順は全て指示があるので、それに従いさえすれば本当に簡単に行うことができますので、特に心配するようなことは一切ありません。

 

審査に必要な書類はカメラで撮影します、またパソコンなどで書類審査をする場合は、わざわざ書類をスキャンする必要があり、専用の機材がない場合にはかなり面倒でしょうけれど、スマホのアプリの場合ならば、全部カメラ機能を使って撮影したもので構いません。そう考えると、パソコンを使用するよりも、スマホを使用する方が圧倒的に簡単だと言えるでしょう。

 

在籍確認の電話はどうなるのか

自宅にいれば、在籍確認の電話に出ることはできません。ですが、それでもちっとも問題はありません。職場が休日でなければ、そこに同僚の方がいらっしゃるでしょうし、その方がきちんと受け答えさえしてくれれば一切問題はありません。在籍確認は自分自身が電話に出る必要がなく、金融機関からの電話だとも一切言いません。受け答え自体も、本人が会社に在籍しているかどうかを聞くだけです。

 

むしろ、在籍確認は本人がいる場合の方が職場バレの心配は高くなってしまいます。本人がいるならば、必ず電話に出なければなりませんし、そこで住所、生年月日を答える必要が出てきます。普通の電話ならそのようなことは聞きませんから、職場の人は何事かと怪しんでしまう訳です。ですので、自宅に居ながら自分が不在のうちに在籍確認をしてもらった方が、得をすることは多いのです。
電話による在籍確認が省略できる場合もあります!まずは金融機関に問い合わせて確認してみましょう | カードローンランド

 

書類の郵送について

これについては、ネットで申込みをするならば、一切不要です。金融機関も、ネットを利用できない人のためにあえて郵送タイプの申込み、審査方法は残していますが、ネットを利用できる人からすれば、ただ手間と時間がかかるだけの、まるで得をしない旧世代の制度ですので、まず利用することは無いでしょう。特に、ネットで申込みができるのであれば、郵送を行うことは全くありませんので、これについては心配することは一切ないでしょう。

 

以上から、ほぼ全てのことはネットのみで即日融資までを行うことは可能です。ですが、一部の場合、ローンカードの発行や、本人確認のための携帯電話への電話連絡などは、まだまだ残っています。これらも利用者自身に負担のあるようなことではありませんし、電話は簡素に済ませられ、郵送物も受け取ってしまえばそれで終了です。

 

そのため、利用者が特に心配することはほぼありませんので、気軽にスマホから申し込んでしまえば、外出することもなくとても簡単に全ての行程を終えられるので、かなりオススメです。
自宅で楽々申し込み!カードローンにはインターネットで申し込みましょう | カードローンランド

今日中にどうしてもお金が必要な場合

どうしても今日中にお金が必要な場合、消費者金融のキャッシングは強い味方です。平日や土日、祝日に関わらず、毎日21時まで即日キャッシングが可能です。

 

特に大手の消費者金融ではネットから申し込みが行えるようになっています。これを利用して即日キャッシングが可能です。提携銀行がある消費者金融の場合、休日や時間に関係なく21時までに審査が終了した場合は、即その銀行の口座まで振り込みで融資を受けることができます。

 

通常銀行への振り込みで即日融資を受ける場合、その銀行の営業時間であることが条件になります。営業時間外の場合は振り込みは行われても、口座に反映されるのは翌営業日になってしまいますが、提携銀行であれば営業時間外でも即口座に反映させることが可能になっています。

 

現金が必要な場合、上記のように提携銀行の口座に反映された後にコンビニなどのATMから引き出すことができます。またネットからの申し込みで審査に通った後に自動契約機を利用すると、その場でキャッシング用のカードが発行されるので、それを使ってATMから借り入れを行うことが可能です。

 

後者の場合は自動契約機の営業時間までにカードの発行を受けないと借り入れが行えませんので注意してください。この営業時間は大抵の消費者金融で21時までです。最初から自動契約機で契約を行っても構いませんが、ネットから申し込みを行い、審査の結果が出た後に自動契約機まで行くと、審査の時間に機械の前で待っている必要がないのでこの方法がおすすめです。

 

この提携銀行がある消費者金融や自動契約機からカードの発行を受ける場合、基本的には平日や休日を問いませんが、年末年始や特に元日だけは休みのことがあるので注意してください。またシステムメンテナンス等で自動契約機が利用できないこともあります。このような情報は各消費者金融のホームページで事前に確認することができます。
すぐにお金が必要な場合には無人契約機がおすすめ!即日融資には無人契約機が最適です | カードローンランド

 

在籍確認が問題になることがあります

即日キャッシングの審査で問題になるのは、在籍確認です。この在籍確認では申し込みをした人が本当にその会社に勤務しているかを電話を掛けて確認しますが、この電話で確認できなかった場合は即日キャッシングは厳しくなってしまいます。

 

申し込みを行ったのが会社の休みの日だった場合はこの電話での確認は絶望的です。在籍確認ができないと審査がその日のうちに終わらなくなってしまうので、即日キャッシングは難しいです。ですがこの電話での在籍確認を行わずに審査が可能な消費者金融があります。プロミスとモビットがそうです。

 

プロミスでは申し込みの前に在籍確認は電話ではなく書類で行った欲しいと伝えることで、会社名の記載された社会保険証と給与明細票を用意して申し込み時に一緒に提出すれば、それをもって職場への在籍証明にすることができます。モビットはネットからの申し込みになりますが、その時に同じく社会保険証と給与明細票を写真に撮り、送信することで電話での確認が行われません。

 

モビットの場合はもう1つ条件があり、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行に口座を持っている必要があります。この2行はモビットの提携銀行で、営業時間外でも融資の振り込みが即反映されます。現金が必要な場合は振り込みを確認した後、ATMで引き出すことができます。

 

この電話確認の代わりに書類の提出で在籍証明をする方法は即日融資を希望する時に有効なだけでなく、職場への電話が困るような環境の人にも大変有効だといえます。在籍確認の電話は個人名で友人を装って掛かってくるので、その電話で消費者金融を利用することが分かってしまうことはあまりありませんが、仕事中に私用の電話は取り次がない職場も中にはあると思います。

 

また滅多に外部から電話がないような環境の職場の場合には、そういった電話が元でバレてしまう可能性が否定できません。即日キャッシングに関わらず、このような場合も書類で在籍確認ができるプロミスやモビットは便利に利用できます。

 

またアコムでは、申し込みを行った日に電話での在籍確認ができなかった場合、まず仮契約状態になり、限度額が10万円でキャッシングが行えるようになります。もちろん在籍確認以外の審査を通過できた場合ですが、即日キャッシングで10万円以下の金額が必要な場合はアコムも利用も視野に入れていいと思います。

 

しかし、この場合は電話での確認が行われない訳ではありません。後日きちんと確認が行われ、仮契約状態から本契約になります。限度額も審査内容次第で10万円以上に設定されることになります。即日キャッシングだけを考えればこのアコムも候補に入れていいと思いますが、融資金額が10万円以上の場合は、電話確認の必要がなく審査を行うことができるプロミスかモビットの利用がおすすめになります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日