年収300万円の正社員にお勧めするおまとめローン

アルバイトと正社員、どちらも同じ年収300万円以下だとすると、おまとめローンの審査に通る確率が高いのは正社員の方です。

 

一口におまとめローンといっても様々ありますが、この場合ならプロミスやアイフルなど大手消費者金融画提供しているおまとめローンがお勧めです。銀行のおまとめローンは審査基準が厳しく難しいのですが、大手消費者金融ならそういった事もありません。

 

おまとめローンのお得ポイント 低金利

消費者金融と銀行のローンの違いは金利です。特におまとめローンとなると消費者金融は更に高金利というイメージがありますが、実際のところ意外と低金利です。

 

消費者金融の金利の方が低いケース

借りる金額によって金利の差が変わってきますが、借金総額が200万円〜300万円だと、実は銀行よりも消費者金融のおまとめローンが低金利です。そこで、借金総額が300万円の場合、銀行と消費者金融の金利はどう違うのか見てみましょう。

 

最低金利は6.3%のプロミスおまとめローン

同金額で銀行の金利を見てみると、みずほ銀行では7.0%、三菱東京UFJ銀行は7.1%となっています。楽天銀行は4.9%〜12.5%の変動金利を採用していて、中間値は約8.7%です。金利を並べてみると、総金額が300万円の場合プロミスが最低金利である事が分かりますね。

 

他の銀行と約1%違いますから、金利としてはかなり大きな数字になります。総額が200万円の場合、残念ながらプロミスの金利は確認できませんが、300万円と同じ範囲に数えられるので、300万円のケースと同様に低金利だと考えてよいでしょう。

 

100万円未満では金利は横並び

200・300万円の大きな金額ではなく、反対に100万円未満の場合のおまとめローンの金利を見てみましょう。大きな金額の時のように差が開く事はありませんが、アイフルと銀行ならば金利はほぼ横並びになります。総額が100万円未満のおまとめローンを見ると、アイフルでは15.0%で、みずほ銀行は14.0%、三菱東京UFJ銀行は14.6%、三井住友銀行では14.5%という数字が出ています。

 

みずほ銀行と比べるとアイフルの金利が少々高くなりますが、他の銀行と比べるとほぼ変わらない金利率なのが分かります。このようにアイフルのおまとめローンよりも安い金利で提供している銀行もありますが、反対にアイフルよりもかなり高い金利の銀行カードローンもあったりと、銀行によって様々です。

 

金利の高い例は、オリックス銀行やじぶん銀行です。100万円未満のおまとめローンの金利は、オリックス銀行が17.8%でじぶん銀行が17.5%となっています。アイフルのおまとめローンの金利が15.0%ですから、これならばアイフルの方が絶対にお得ですね。オリックス銀行とじぶん銀行がなぜこんなに金利が高いのかというと、この2行は元々高額融資専門の銀行カードローンを提供していて、小額融資には金利を高く設定しているからです。

 

審査の通りやすさなら、消費者金融のおまとめローン

ここまでは、消費者金融のおまとめローンを推す理由として、銀行と変わらない金利という点をご紹介しました。そして、もう一つの理由として審査の通りやすさという点があります。おまとめローンの審査通過率は公表されていないため不明ですが、消費者金融や銀行の他のカードローンの審査通過率から推測できます。

 

通常のカードローンの審査通過率は、消費者金融の場合40%前後で、銀行カードローンは20〜30%なので、2倍近い通過率の差があります。ただ、この比率がおまとめローンにも通用するかどうかは、数字が公表されていないので分かりません。しかしこの傾向から消費者金融よりも銀行の方が審査に通りやすい、なんて事は考えられないですね。

 

おまとめローン専用プランがあるから通りやすい

消費者金融のおまとめローンの審査通過率が銀行よりも高いのは、他のカードローンのように専用プランが用意されている、というのもあります。例えばアコムの借換え専用ローン、アイフルのおまとめMAX・かりかえMAXなどがその例です。

 

反対に銀行にはこのようなおまとめ専用プラン・コースがなく、通常のカードローンに付随したサービスとして、おまとめ・借換えOKとなっています。おまとめローンを提供していたとしても、銀行の場合はその程度の認識だと思っておいた方がよいでしょう。

 

しかし、おまとめローン専用プランの有無にどんな違いがあるのでしょう。専用プランがあるという事はコストもかかっているので、利用者を増やして利益を上げる必要があります。専用プランを作ったからには、利息を得て運営を継続していかなければならないのです。

 

要するに専用プランのある消費者金融ほど、利用客を増やしたいという思惑を持っているためサービスが充実しているのです。専用プランをつくらなければ、その分コストがかかりません。銀行によってはおまとめローンのないカードローンがありますが、それはただ単に余計なコストをかけたくない、という事なのでしょう。ですからおまとめローン専用プランのある消費者金融には、それだけ審査通過率が高くなる理由があるのだと言えるでしょう。

 

年収300万円で正社員の方が借金を一本化したいと思っても、申請先を間違えれば、現在の借入総額によっては審査に通らない事もあります。しかし、おまとめローン専用プランのある消費者金融ならば、審査も通りやすく融資してもらえる可能性が高くなります。また、前に述べたような金利の安さも合わせて考えると、消費者金融のおまとめローンがぴったりですね。

 

アコム


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
3.0%〜18.0% 800万円 最短30分 最大30日※1

※1 初めて契約後30日間

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日