主目的は異なるが、金利の軽減化が共通するメリット

借金の整理には、おまとめローンと借り換えローンという似た名称のローンが2つ存在してます。そこでどちらを選択すればよいのか困ることがあります。しかし選択において迷う必要はありません。

 

一般に複数の借入金を一本にまとめるためのローンをおまとめローン、1箇所からの借入をより低い金利のローンに借り換えるもの借り換えローンと呼んでいます。両者は実質的にはよく似たローンで、得られる経済的効果も同様のものとなっているのです。

 

おまとめローンの特徴

既に複数の金融機関から多くの借入金を抱えている場合、これらの借入金を新たに借り入れたローンに一本化することを目的に利用されるのがおまとめローンです。おまとめローンを利用すれば、借金が一本にまとめられるため、借金の管理が容易になり金利負担の軽減化が図れます。

 

おまとめローンは、既に多くの借入金を抱えている人物向けのサービスです。そこで審査においては多くの借金がある場合でも柔軟に対応してもらえる可能性が高くなっています。もちろん確実な返済が望めない場合は審査で拒否されますが、安定した所得があり、確実な返済が望まれるのであれば融資に応じてもらえるのです。

 

おまとめローンは、総量規制と関係がない

消費者金融からのローンは、総量規制により年収の1/3までに限定されます。ここでおまとめローンを利用する際には、既存ローンを返済するための新たなローンを実施する必要があり、総量規制に縛られる可能性が出てきます。

 

おまとめローンが総量規制によって縛られると既存ローンの総額が年収の1/3まで達している場合には、おまとめローンのための追加の融資が受けられなくなってしまうのです。ここでおまとめローンは、金融庁から総量規制の例外として認められています。そこでたとえ既存ローンの総額が年収の1/3近くに達している場合であっても、おまとめローンについて申し込み可能となっています。

 

借り換えローンも、総量規制の対象外となっている

この総量規制の例外は、借り換えローンにおいても適用されています。借り換えローンも、おまとめローンと同様の資金の流れを辿ります。すなわち既存ローンを新たなローンによって完済し、後には新しいローンだけが残るという形態をとるのです。ここで新たなローンが年収の1/3に縛られては、借り換えを行うことが不可能となるため、総量規制の例外として認められることになっています。

 

おまとめローンも借り換えローンも、資金用途は返済に限定される

ここでおまとめローンも借り換えローンについても、新たな融資は既存ローンの返済のために使用されるもので、資金用途があらかじめ限定されています。特におまとめローンの場合、消費者金融が申込者本人の名義で既存ローンを直接返済する形式をとり、申込者が借入金を手にすることはないようになっています。

 

乗り換えローンは借り換えローンと同じサービス

借り換えローンによく似た名称のローンに、乗り換えローンが存在しています。この乗り換えローンは借り換えローンと同一のサービスで、名称が異なるだけです。借り換えローンは同一会社の中で違う商品のローンに変えるというイメージが強く、乗り換えローンは他社に乗り換えるというイメージが強いことから、乗り換えローンという名称が使用されているだけのものです。借り換えローンと乗り換えローンに違いはないため、選択に迷う必要はありません。

 

借り換えローンによって金利を低くできる場合

借り換えローンを利用して金利を低く出来るのは、一般的に消費者金融から銀行カードローンに借り換える場合です。消費者金融間や銀行カードローン間では、金利水準があまり変わらないため、借り換えをしても金利負担が変わらないのです。

 

消費者金融の金利水準は、「4.5%〜18.0%」となっています。特に上限金利は各社「18%」の横並びとなっており、多くの利用者はこの上限金利が適用されるため、消費者金融間で借り換えを行っても金利負担の軽減化は図れません。

 

銀行カードローンにおける金利は各社で若干異なります。しかし一般的な借入金の水準である100万円未満の借入金に対する金利差は0.5%未満の違いに留まります。たとえば0.2%金利が違ったとしてもその金利負担は少額に留まるため、実質的な差はないと言えるのです。

 

消費者金融から銀行カードローンへの借り換えでは、金利負担が軽減化される

このように消費者金融間や銀行間で借り換えを行っても、金利負担の軽減化はあまり図れません。しかし消費者金融から銀行カードローンへ借り換えを行った場合、金利は大きく変わることがあります。

 

100万円未満の借入の場合、消費者金融の金利は「18%」ですが一般的な銀行カードローンの金利は「14.5%」となります。100万円の借入金に対する月々の利息を想定すると、消費者金融の利息は「1万5000円」となりますが、銀行カードローンの利息は「1万2000円」となります。月々の利息差が「3000円」、年間に換算すると「3万6000円」の差が出てくるのです。

 

このように消費者金融から銀行カードローンの借り換えに際しては、100万円程度の借入金でも大きな金利負担の軽減が図られることになります。消費者金融に借入金がある場合には、銀行カードローンへの借り換えをすると大きなメリットが期待できることになります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日