おまとめローンと債務整理ならどちらを選択したらいいの?

借金の総額が途方もない金額になってしまった場合、おまとめローンと債務整理のどちらを選択するべきでしょうか?これは自力で返済できるかどうかで、どちらを選ぶべきか変わってきます。

 

まず自力で返済することは絶対に無理だと思うのなら、迷うこと無く債務整理を選択してください。その一方、何とか自力で返済できるかもしれないのなら、おまとめローンの方が良いはずです。

 

債務整理をするべき金額のボーダーラインは?

原則自分で返済できるかどうかが問題なので、金額の目安は人によって異なります。年収や職業などで返済能力が大きく変わってきますので。実際のところ、借入総額が500万円程度までなら債務整理を選ばず、何とか自身の力で返済する道を選ぶ人が多いようです。

 

個人的な意見を言うと、借入総額が500万円ぐらいになっているのなら債務整理を選択した方が楽だと思いますけど、それでも自分で何とかしたいと思う人が多いのです。これは日本人の特性かもしれませんね。ともかく債務整理を潔しとしない場合は、借入金額に関係無くおまとめローンを活用して借金を返済していきましょう。

 

債務整理の中でお勧めの手段はどれ?

 

最初は任意整理を検討してみましょう

任意整理とはいろいろなことが自由にできる債務整理の手段です。文字通り任意で債務整理をするのであり、債権者と交渉して借金総額の減額を求めたり、利息を払い過ぎているのなら過払い金返還請求で取り戻したり、一括返済する代わりに利息分を免除してもらったり、様々な方法が考えられます。

 

ただしこれが成功するには債権者たるキャッシング業者が受け入れてくれないといけません。専門家を通じて現在の条件のままでは借金の完済はできませんと、客観的なデータと共に業者と交渉するのです。業者の方も自己破産されて1円も返済されないよりは総額が減っても返済を続けて欲しいですから、妥当な条件の提示なら、受け入れて和解に応じてくれるはずです。

 

この条件でなければ完済できないことが重要です

仮に任意整理をしなくても十分自力返済できると業者が思った場合は、当然普通の返済を求めてくるでしょう。そしてそういう状態ならばおそらくおまとめローンも審査も通過できるはずです。

 

個人再生を使えば借金総額が5分の1にまで圧縮可能?

任意整理と並んでよく使われる債務整理の方法に個人再生があります。この個人再生は現在の借金総額を5分の1から10分の1ぐらいにまで圧縮してもらうという方法です。一応最大10分の1まで可能となっていますが、ほとんどの場合5分の1になるようです。ただし3年から5年以内に返済期間を短くするのが条件となります。業者としては返済総額が少なくなっても短期間で確実に回収する方がマシなので、手間などを考えて個人再生に同意する場合が多いようです。

 

個人再生で借金完済が実現可能に

借金の総額が5分の1になれば借金完済も現実味を帯びてきます。例えば借金の総額が1000万円だった場合、それの5分の1は200万円となります。これを最大5年で返済すればいいのですから、1年あたり40万円、つまり毎月に直すと3万5000円となりますので、ちょっと頑張れば十分に何とかなる金額です。

 

また場合によっては、元々の借金総額が1000万円なので、5年よりちょっとだけ長く返済期間を設定してもらえることもあるそうです。このように個人再生を利用すれば、諦めかけていた自力返済の道が開けるかもしれません。おまとめローンの審査は落ちたけど、自分で返済したいと思っている方は迷わず個人再生を選択しましょう。

 

おまとめローンは借金がいくらになった時に利用すべきか?

消費者金融から銀行系のおまとめローンに借り換える場合、50万円程度から十分にその効果が現れます。もちろん乗り換える銀行系のおまとめローンで細かい違いがありますけど、50万円だと毎月1700円前後は利息が安くなる計算です。

 

当然借金が80万円、100万円と増えていけば、それだけ利息分お得になりますので、できる限り早期に乗り換えをするようにしましょう。銀行系のものはおまとめローンに限らず、審査が厳格になっていますけど、100万円ぐらいまでは審査で不利になることはまずないと思います。

 

100万円以上なら消費者金融同士でまとめても効果あり

100万円までの借入ならば、消費者金融の金利に違いがありません。実質金利18%となるはずです。つまり今5つの消費者金融から全部で100万円借入しているのなら、それを一つの消費者金融にまとめたとしても金利でお得になることはないのです。

 

消費者金融同士でまとめる場合は100万円以上からではないとする必要は無いのす。ただ100万円未満の場合でも、返済の手間や手数料を考えるとまとめるのが全くの無駄とまでは言えません。たとえ総額が100万円にいってなくても、まとめることで自分にメリットが生じると判断するのならまとめるようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日