即日キャッシングの必要性が高いのは土日です

仕事や家事に追われる平日と異なり、突発的な出来事のため急な出費が多い土日。だからこそ「本日中にキャッシングしなければならない」という事態に陥りやすいのです。

 

消費者金融のうち大手と呼ばれるところのほとんどは、土日祝日関係無しで平日と同様、即日審査できる体制を整えています。また銀行系のカードローンであっても最近は消費者金融を意識しているのか土日でも利用できるものが増えているようです。

 

土日祝日でも申込めるカードローン!


▲アコムの審査申し込みページヘ

 

▲プロミスの審査申し込みページヘ

 

消費者金融が提供する土日のキャッシングについて

土日祝日関係無しというのを徹底しているのが消費者金融です。盆正月であってもそれは変わりません。最初からそういう概念がない業界なのかもしれませんね。そのため土日祝日でも平日同様に即日審査と即日融資を利用できます。

 

ただし即日審査の受付時間に制限があり、当日中に審査結果を知りたい場合は20時ぐらいまでに申込をする必要があります。そして20時ぐらいまでに申し込みできれば、かなり高い確率で即日キャッシングできるはずです。もちろん審査を通ったらの話ですけど。

 

ですので、タイムリミットは20時。土日祝日であっても20時までに審査が始まると、ほぼその日のうちにキャッシングできることになります。消費者金融大手のうち、プロミスだけは他社より1時間長く営業時間を取っているため、即日キャッシングするためのタイムリミットが21時までとなっております。

 

土日に審査を申し込むならネット経由と無人契約機どっちでやるべき?

消費者金融でキャッシングすることを決めて土日に即日審査を申し込む場合、平日同様、ネット経由でも無人契約機経由でもどちらでもすることができます。ちなみに前述した20時(プロミスは21時)というタイムリミットはネット経由、無人契約機経由、共通の時間となります。

 

ただネット経由であってもカード発行が必要ですので、どうしても無人契約機の設置場所に行かなければなりません。カードがないとATMから直接借り入れることができませんので仕方がないのです。

 

ATMから直接借りなければいけない理由とは?

消費者金融と異なり、銀行などの他の金融機関は土日は原則休みとなります。そのため審査を通過しても、即日振込が不可能なのです。消費者金融が口座に振りこんでくれても、その情報を銀行などの金融機関が休みのために反映できません。

 

そのため、土日祝日にお金が必要な場合はATMを通してお金を借りるしかないのです。そしてATMを使うならばローンカードが必須ですので、それを発行してもらうために契約機の設置場所にいかなければならないことになります。

 

店舗が休みでも銀行系カードローンならば土日でも利用できる?

土日は銀行の店舗は原則休みですけど、銀行系カードローンの即日審査や当日融資を行う部門は動いており、みずほ銀行や横浜銀行など一部を除けば、都市銀行などは土日でもカードローンの審査や融資に対応してくれます。

 

土日に銀行系カードローンで融資を受ける場合は、融資を受ける銀行の口座の所有が条件になっている場合がほとんどで、他の銀行でも即日振込できますと大々的に宣伝しているあの楽天銀行スーパーローンでさえ、土日は楽天銀行の口座を持っていないと対応してくれないのです。

 

その理由は簡単。土日は他の銀行が営業していないからで、自分たちの銀行の口座しか振込ができないのです。このような理由があるので、銀行系カードローンの当日キャッシングは、土日に利用する場合様々な制約があります。でも銀行系カードローンも土日に利用できることは重要なことであり、多くの銀行が対応していることはしっかりと覚えておきましょう。

 

勤務先への在籍確認が土日の即日融資を阻む原因です

キャッシングに精通している人なら当然のことですけど、土日の即日審査を拒む大きな原因は職場への在籍確認なのです。普通の企業だったら土日祝日は営業していませんよね。そのため勤め先に電話しても留守番電話となり、在籍確認ができないのです。

 

休みであっても職場に人がいればいいのですけど、そんな職場はほとんどありません。そのため土日に即日融資を利用しようとしてもこの段階で止まってしまう人が結構います。その不都合回避のため、条件付きで在籍確認を後回しにする業者も増加しているようです。

 

電話連絡がなく借りることができるのはプロミスとモビットです

消費者金融大手に限定すると、プロミスとモビットは、条件付きで職場への電話連絡を免除しています。その条件は給与明細と会社の保険証の提出と確認です。モビットの場合はそれに加えて、三井住友銀行あるいは三菱東京UFJ銀行の口座を所有していなければなりません。モビットWEB完結で審査を受ける場合は、口座情報と共に前述した2つの書類を添付するようにしましょう。

 

WEB完結の名前の通り、モビットはこれだけで電話連絡が必要なくなります。自動でそう処理されますので楽ですね。三井住友銀行か東京三菱UFJ銀行の口座を所有しているならモビットが断然楽ですけど、もし両行の口座を持っていない場合は銀行口座の制限がないプロミスを活用しましょう。

 

ただしプロミスを利用して電話経由での在籍確認を止めてもらいたい場合は、電話や無人契約機でその旨プロミスに伝える必要があります。その点はモビットより面倒ですね。プロミスにしろ、モビットにしろ、土日に電話での電話連絡無しで即日キャッシングできるのは他の業者にはないアドバンテージです。土日に職場が休みの方はプロミスかモビットを利用しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日